Peachで沖縄ー香港  那覇空港国際線ターミナルを利用しての教訓「Peach利用のときは・・・」

今回の香港。

いろいろ印象的なことが多かったのですが・・・

 

 

ダントツに印象に残ってしまったのが

那覇空港国際線ターミナルのこと。

 

 

いや、出発のときも

オペレーションとかいろいろ

ホントに考えてるのかな?って思うことも多々あったけれど

まあ、沖縄だしって思えるレベル。

 

 

国内線と国際線をつなぐ連結ターミナルができたりして

もっと、使いやすくなってるんだと思ってたのに・・・。

 

大幅に期待を裏切られました。

 

ただ、連結しただけだったんだと思うくらい。

なんか、残念。

 

スポンサードリンク

沖縄から出国

 

連結ターミナルができて

 

那覇空港は連結ターミナルができて

LCCのチェクインも

LCCターミナルでなくて

 

この連結ターミナルでできるようになったんです。

 

この分、LCCを使う方は

便利なのかな?って思ってました。

 

 

今回は、到着後の待ち合わせ時間の関係で

キャセイが使えず・・・。

 

期間限定で復活したPeachで

香港に向かいました。

 

 

手荷物預けライン

 

いや・・・

手荷物預け、混雑してました。

 

2時間前に行って、

手荷物を預けれたのが30分前(爆)

 

連結ターミナルのお店も

全然、見れず。

 

まぁ、LCCだし

こんなもんなのかな?って。

 

 

 

後半、たぶんネイティブな

Peachの方?空港の方?が

出てこられて

海外の方への案内もやっとスムーズに。

 

 

 

Peachを使う際は、

手荷物を預けない前提で利用しよう

そう思いました。

 

 

そうすれば、チェクインを機械で済ませるだけなので

1時間前でも大丈夫そう。

 

それに、明らかに7㌔オーバーの方も

機内に持ち込んでいたし・・・。

そのへんも沖縄発は他の国内空港に比べてゆるそう・・・。

 

 

 

手荷物検査や出国の手続きは

混むことなく

スムーズでしたよ。

 

 

 

出発ゲート

 

10分差で出発予定の韓国行きの便と隣り合わせ。

 

香港行きと韓国行き

もう、ゲート前は大混雑。

 

それに加えてディレイ。

もう、しょうがないよねって気持ちでした。

 

こんなことなら、ブルーシールのアイスクリームでも

食べていればよかった(笑)って。

 

こんな感じで出国しましたよ。

 

 

 

 

 

沖縄に到着

 

帰りもPeachで香港から戻りました。

 

出発からディレイしていて

40分くらい遅れて那覇空港に到着したんですよ。

 

 

 

ちなみに、香港での

Peachのチェックイン・手荷物預けは

スムーズでした。

 

沖縄での混雑が想像できないくらい。

 

 

 

 

入国審査

 

で・・・入国審査。

 

日本人はまばら

ということで、入国審査もスルーっと通ったのですが。

 

海外からの方は

長蛇の列。

 

これは、カウンターがフルオープンしていたので

ここが限界なのかな?って。

 

それでも、入国に20〜30分はかかりそう。

 

 

 

 

手荷物の受け取り

 

今回、ここに一番ビックリが詰まっていました。

 

 

だって、まず

手荷物受取レーンが

2レーンしかない!

 

 

 

え?って思いません?

 

LCCターミナルを使わずってことは

国際の到着便すべての荷物を

2レーンで返すってことなんですよ。

 

 

 

国際線はディレイなんかも多々あるし

那覇空港乗り入れは、LCCもかなり多い。

 

 

到着が重なるとか

考えてないの?って、まず思いました。

 

 

私の到着のときも

実際に重なっていて

台湾から2便、香港から2便あったんです。

 

 

 

それ以上に「え?」ってなったのは

その対応にあたる職員さんが

 

私が到着したとき

1つのレーンに1人しかいなかったこと。

 

4便分の人がぞくぞく来るわけですよ。

 

で、1人?って。

 

 

 

しかも、前便の荷物をレーンから降ろさないと

次の便の荷物も出せない。

 

そのスーツケースなんかを

レーンから降ろすのを

1人でやって、対応もしてって

もうめちゃくちゃ。

 

 

いや、その職員さん

汗かきながら、

広東語をスラスラ喋りながら

走り回りながら対応されていて。

 

丁寧に対応されてました。

 

 

 

それを見て、手荷物が出てこないことに

イライラしてはいけないって

自分に言い聞かせてました。

 

 

 

でも・・・

沖縄の国際線の規模で

手荷物が出てくるまで30分以上待つとか

考えられない。

 

日本人は入国審査がスムーズだから

余計にそう思ってしまいました。


海外の方なら、入国審査終わってレーンに来たら

手荷物がある状態なのかも。

 

 

 

で、ここでも思いました。

 

Peachを使う際は、

手荷物を預けない前提で利用しようって。

 

 

そうすれば

この手荷物に関係するストレスを

省略することができますもんね。

 

 

 

でも、ホントに

空港スタップは

ちゃんとキープして欲しいって思いましたよ。

 

あんなに毎日てんてこ舞いで

忙しかったら

スタッフさん、やめちゃわない?って思ったし

 

体調不良でだれか1人でも休んだら

回らなそうって心配になりました。

 

 

イミグレとか税関の職員は

そんなことないんでしょうけど。。。

 

 

 

 

ゆいレールに乗るには・・・

 

当たり前ですが

ゆいレールに乗るには

 

国際線ターミナルから

連結ターミナルを抜けて

国内線ターミナルに向かい

そこから、ゆいレールです。

 

 

大きめスーツケースだったら

歩くの嫌だなって思いましたよ。

 

小さめスーツケースで嫌って思ってしまい

帰りはそのままタクシー利用しました。

 

 

 

 

もう少し

沖縄の国際線ターミナル

利用しやすく頑張って欲しいです。