ブセナテラスでラグジュアリーな雰囲気を ラ・ティーダでブセナビーチを眺めながらランチを楽しむ

せっかく沖縄に来たのだから、ラグジュアリーな雰囲気も楽しみたい!

そんなときにオススメしたいのが、ホテルのランチ利用。

 

もちろん、これからの季節はビーチをビジターで利用するのもアリかな?って思います。

スポンサードリンク

 

ブセナテラス

 

ホテルランチを楽しむのに、まず思い付いたのがザ・ブセナテラス

 

1997年開業の老舗ラグジュアリーホテルですよね。

そして、1999年の九州・沖縄サミットが沖縄で開催され会場にもなりました。

なんか、すごく昔の話に感じるのは私だけ?

 

建物は確かに古くなったなーって感じました。

でも、丁寧なメンテナンスがされていて何も気になるところはありませんでした。

 

 

サミットの後に宿泊したことがあり、朝食を海の見えるバルコニーでいただいたんですよね。

ブセナビーチを眺めならの朝食に感激しました。

 

それから、すっかりお気に入りに。

 

 

ビジター利用のとき

 

ビジターだからってドキドキしなくても大丈夫。

 

ホテルの敷地内に入ると、スタッフがいて「レストラン利用」とか「ビジターのビーチ利用」と伝えれば問題ありません。

 

どの駐車場に車を停めるかなど案内してくれますよ。

 

 

 

ブセナに来た〜!って感じの景色。

 

 

 

 

このパラソルのある、ラ・ティーダにランチの予約をしましたよ。

 

 

ちょっと早いので

 

ちょっと早いので、ビーチに降りたりね。

 

沖縄のビーチの砂って熱くないんですよね。

県外のビーチって、砂が猛烈に熱くて裸足では歩けないじゃないですか?

 

それがね、沖縄では余裕で歩けるんですよ。

ビーチに出て、靴がジャマだったら脱いでしまうのもあり!?なんて思います。

 

 

 

ラ・ティーダ

 

コチラは、ランチは12時オープン。

一応、予約を入れましたがかなりお席に余裕がありましたよ。

 

 

 

ロケーション

 

こんな海が見えるロケーション。

パラソルでしっかり日差しからもガードです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

メニュー

 

ラ・ティーダは、ビッフェかアラカルト選ぶことができます。

 

ちょっと迷いましたがブッフェを。

 

好きなもの、気になったものをちょっとずつ。

ブッフェの醍醐味ですよね。

 

 

 

美味しかったモノ

 

すっごく小さいですが(笑)

ハンバーグやステーキはその場で調理しているモノをいただけますよ。

ハンバーグの方が好みでした。

 

お料理は、トマトソース系のお味のモノもオススメ!

パスタとかも最後にいただいてしまいました。

 

 

ブッフェは食べ過ぎちゃうんですよねー。

しっかり、デサートまでいただいちゃいました。

 

 

 

私の気になるランチ

 

私個人的には、バニァンビレッジに入っいるイタリアン「チュララ」も気になっています。

 

8月限定のランチオープンなんです。

 

いつもは、ディナーのときしかオープンしていないんですよ。

宿泊をした時には、毎回ディナーで利用してコスパもスゴく良く美味しかったのでとても印象の良いレストランなんです。

 

ランチのメニューも楽しみ♪

 

 

 

まとめ

 

安くて美味い!も、もちろん旅の楽しみだけれどロケーションや雰囲気も是非味わっていただいきたいなって思います。

 

 

ホテルスタッフ、とくにラグジュアリー系のホテルスタッフは、沖縄地元のスタッフ以外にも、県外からリゾートバイトで来ているスタッフ、住み込みで沖縄で正社員になっているスタッフも多くて、サービスもレベルが一定に保たれているように感じます。

 

繁忙期は、スタッフが足りていなくて「大変そう」って思うことも多々ありますが。

これは、沖縄の飲食・ホテル全てに言えることだと思います。

 

 

ディナー利用だとね、ちょっと敷居の高いホテルでもランチやティータイムなら気軽に利用できますよ。

 

いつもと雰囲気を変えて、いかがでしょうか?

 

 

 

ホテル詳細

 

ザ・ブセナテラス
沖縄県名護市喜瀬1808

 

レストラン予約:0980-51-1888

 

 

 

アレルゲン食材を除いたオーダーメニューについて

 

ザ・ブセナテラスでは、全てのレストランにて7大アレルゲン食材(エビ・カニ・小麦・乳製品・卵・落花生・そば)についてメニューのご相談を承っております。
ご利用1週間前までにご相談ください。7大アレルゲン食材以外のオーダーメニューにつきましては現在受付を行なっておりません。予めご了承ください。

◆お問い合わせ: ザ・ブセナテラス 料飲企画  0980-51-1333(代表)

 

http://www.terrace.co.jp/busena/restaurants_bars/chula_la.php

 

 

バスで行くなら

 

空港からホテルリムジン

 

外国人観光客は、バスでブセナに向かう方が多いです。

空港からなら、ホテルをグルっと回るリムジンバスもありますよ。

那覇市内からなら、1度空港に出てリムジン利用のほうが時間的に早いと思います。

 

 

 

路線バスなら

 

120・20番 ブセナリゾート前バス停下車ですよ。

 

空港からだと2時間30分以上。(もしかしたら3時間?)

ちょっと根気が必要です。

 

 

那覇方面からのルートでもう1つ

 

111番の高速バスややんばる急行で世冨慶(名護市)に出て、折り返してくるのもアリかな?

 

世冨慶バス停で、120・20番で折り返しです。

ブセナリゾート前バス停下車

 

 

高速バスを利用すると、東側の海を眺めることができますよ。

 

やんばる急行なら伊芸SAにも休憩でストップします。

15分くらいあると思うので、展望台からの景色を楽しんでくださいね。

 

 

ただ、この折り返すルートはちょっと交通費高めにつきます。

他と比べたらですが・・・。

 

参考になれば嬉しいです。

 

 

 

何もない贅沢を存分に味わえる 大宜味村 海と星空の小さな宿WASSA WASSA