【香港旅行】カオルーンサイドで私的ナンバー1の菠蘿包(パイナップルパン)金華冰廳(Kam Wah Cafe)@太子 2017年9月 3泊4日

もう絶対オススメなのが、パイナップルパン(菠蘿包)にバター(牛油)を挟んだ菠蘿油。

 

絶対的にお気に入りのお店があって、今回は、イートンとテイクアウト(外賣(オイマイ))して2回も食べました。

 

そのくらいLOVEなんです。

スポンサードリンク

金華冰廳Kam Wah Cafe)

 

ドコにあるの?

 

太子駅からスグ。

彌敦道(ネイザンロード)から2ブロック。

 

金魚街の手前に金華冰廳はありますよ。

 

 

店頭では

 

店頭でも持ち帰りのパンやタルトなんかが売られていて、賑わっているのでスグにわかると思います。

 

持ち帰りのパンも大人気です!

 

 

お食事メニューも

 

こんなお食事メニューもありますよ。

日本のファミレスのような品揃え。

 

 

 

 

菠蘿油

 

パイナップルパンは、シンプルなもの〜バター入り、チキンを挟んだりしたお食事系など様々です。

 

でも、やっぱり一押しは・・・

 

菠蘿油!!

パイナップルパンのバター挟み

 

 

日本で言うメロンパンのイメージ。

クリスピーなクッキー生地とフワフワのパン。

 

幸せいっぱいになりました。

 

バター入りはね、カロリーも気になるけれど・・・

やっぱり頼んでしまいます。

 

 

菠蘿油とミルクティーで、お会計(マイタン)はたしかHKD29。

 

 

外賣(オイマイ)でも

 

別の日にテイクアウトもして、朝食代わりに。

 

 

菠蘿油とマクドナルドのコーヒー

 

テイクアウトは、菠蘿油と菠蘿包を1つずつで、お会計(マイタン)はHKD16。

 

 

 

外賣(オイマイ)をオススメの理由

 

香港のローカル店のあのザワザワ感とか相席がダメな方には、外賣(オイマイ)するものオススメしたいです。

 

オーダーが・・・って思っていても、ネットで調べて食べたいものを紙に書いていけばスムーズですよ。

店頭や店内であたふたするより、よっぽどいいです。

英語ではなく、広東語で書いてくださいね!

 

OpenRice(日本で言う食べログ)とか参考にするといいのかも。

 

 

それから、発音に自信がなくても勢いと声の大きさで伝わることが多いです。

私もこんな感じ(笑)

 

 

香港に行ったら、是非、食べてもらいたいものの1つです。

 

 

 

店舗詳細

 

金華冰廳Kam Wah Cafe)

 

 

港鐵太子站 B2 出口, 步行約4分鐘