【閉店】【神戸】バター&生クリームを使わないコスパが良すぎるフランス料理店 Au Bou Coin(オーボンコアン)【ミシュラン掲載店】

神戸に住んでいるときの楽しみといえば・・・

ランチでフレンチ with シャンパン&ワイン。

昼間から、1ディッシュ1グラスで楽しんでいました。

 

 

2004年オープンのこちらのレストランは、オーナーシェフが大阪「シェ・ワダ」、神戸「コムシノワ」、フランス「ジャック・マキシマン」で修行され独立。

 

バター&生クリームを使わないフレンチが楽しめますよ。

スポンサードリンク

 

Au Bou Coin(オーボンコアン)

 

Au Bou Coinは、「隅っこ」とか「端っこ」という意味なんだそう。

神戸三宮のど真ん中ではなく、新神戸エリアの少し「端っこ」にお店がありますよ。

 

外観は撮り忘れ・・・!!

2系統のバス、熊内6丁目のバス停近くです。

 

 

 

店内の雰囲気

 

店内は天井が高く、オフホワイトとグレーの壁が落ち着いた感じ。

外からだと敷居が高そう・・・って感じるかも。

 

でも、オーナーシェフの人柄もあり、優しい雰囲気ですよ。

 

 

 

 

 

シェフのおまかせコース

 

今回、私ではなく、ご一緒した方が選んだコース。

ソムリエの資格を持つ、オーナーシェフに1ディッシュ1グラスで合わせてもらっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がいただいたのは・・・

 

ある意味、スペシャルリクエストになってしまいました。

 

この日、体調が悪くて・・・。

でも、こちらのお皿を1つでもいいから食べたくて・・・。

わがままに応えていただきましたよ。

 

 

 

 

特製の酵素ジュース(りんご&にんじん)

きのこ類のサラダ

子持ち鮎をメインで。

 

 

私がいただいたのは、こんな感じ。

 

きのこ類のサラダだけで、やめておこうかと思ったのですが・・・

あまりに美味しそうで・・・。

子持ち鮎をリクエストしてしまいました。

 

1皿でも味わえて嬉しかった。

 

元気な時にがっつり食べに来たいな・・・。

 

 

 

Au Bon Coinを好きな理由

 

ランチもディナーも、コスパが素晴らしいと感じます。

グラスワインの種類も豊富。

 

それから、バター&生クリームを使わないフレンチなので、フレンチにしては軽いというか・・・。

ちょっとお食事に気を使ってる方もご一緒しやすいです。

 

Au Bon Coinでは、ただ単に高級素材というわけではなく珍しい素材に出会えることも。

 

今回いただいたきのこ類のサラダ。

コチラにも、このキノコなに??と初めてのお味をいただけました。

(広島から届いた・・・名前忘れてしまいました><)

 

食材・素材の良さを、ソースで引き立てる。

最強の組み合わせに出会えますよ。

シェフのお料理は、五感に楽しいものばかりです。

 

 

1つ困るのは・・

美味しすぎて食べすぎてしまうこと。

写真からもわかると思うのですが・・・かなり、ボリューミー。

 

美味しいからと思い、残したくなくて、お腹いっぱいでも食べてしまう。

 

ランチで伺うと、その日、夜になってもお腹が空かない。

夜だと、翌朝になってもお腹が空かない。

これが、困ること(笑)

 

残せない私が悪いんですけどね。

 

 

 

神戸はフレンチの美味しいお店が多すぎるのですが・・・

私は、こちらのAu Bon Coinをオススメしたいと思いますよ。

 

 

 

店舗詳細

 

オー・ボン・コアン (Au Bon Coin) 

兵庫県神戸市中央区熊内町3-5-31 中西ビル1F

078-251-5056

 

11:30~14:30(LO)

17:30~21:00(LO)

水曜日休み