セブより安全で魅力的だと感じたボホール島【セブ島暮らしの思い出】

なんか、セブ島暮らしのことを思い出したら・・・

もう少し書き残しておきたくなってきましたよ。

 

お付き合いくださいね。

 

 

セブでの暮らしは・・・なんというか・・・

日々戦いでした。

 

海外で暮らしたことがある人でも・・・セブ(フィリピン)は別の戦闘能力が必要。

そんな表現ができると思います。

 

この地で暮らし、ビジネスする人は、ホント尊敬でした。

 

 

日本に戻る少し前に、知人に誘われて、ボホール島に行きました。

 

スポンサードリンク

 

 

ボホール島

 

フィリピンの中で、10番目に大きい島。

セブ島と同じ、フィリピン中部のビサヤ諸島の一部です。

 

位置的には、セブ島の東側。

 

ターシャ(フィリピンメガネザル)がいる島。

チョコレートヒルズの島。

 

欧米人などは、ダイビングスポットというイメージなのかな?

世界中からダイバーが来ていますよ。

 

ボホール島Wikipedia 

 

 

どうやって行くの?

 

私はセブ島からなので、フェリーで行きました。

フェリーの中は、冷房がスゴくて。

冷房よけがないとしんどいです。

 

 

日本からだと、この他のルートとしては、マニラでワンストップして、飛行機でボホール島に行くことも出来ます。

 

宿泊は、Henann Resort Alona Beach

 

宿泊は、少し奮発しました(笑)

 

2015年にオープンの5スターホテル、アロナビーチにあるHenann Resort Alona Beach。

(ヘナンリゾート アロナビーチ)

 

 

 

 

セブからフェリーでボホール島のタグビラランに到着し、このときは手配したドライバー付きのレンタカーでボホール島のリゾートエリアを視察しながら、向かいました。

 

寄り道なしなら・・・港から30〜40分位で到着できると思います。

 

 

Henann Resort Alona Beach 写真

 

 

 

 

 

 

BBQブッフェ Henann Resort Alona Beach

 

 

宿泊レポ

 

オープンしてスグだったということもあり、お部屋もキレイで。

快適にステイ出来ました。

 

wifiもホテルの部屋の中は快適。

セブの自分の部屋よりも快適だと思ったくらい。

 

普段の日常より、ホテルステイはテンション上がりますよね。

 

チェックインしてスグに、プールサイドに。

プールサイドから、そのままアロナビーチに出ることもできます。

ホテル専用の?プライベートビーチのエリアもあり、チェアやパラソルも借りることができます。

 

それから、ホテルのゲート入口には、両替できるところもありレートも当時はかなり良かったことを覚えています。

 

お食事も・・・

私は、朝食とディナーをいただきました。

一応、5スターと言ってもフィリピンなので生野菜は避けましたが、メニューも多く美味しくいただきました。

 

もちろん、ホテルの外にレストランもあります。

 

ランチには、ホテルのベーカリーのサンドウィッチも候補にしましたよ。

 

 

 

アロナビーチ

 

セブ島と違って、Henann Resort Alona Beachの前のビーチは天然のビーチ。

アロナビーチゾーンには、ビーチに沿ってたくさんのホテルやゲストハウスがあります。

 

Henann Resort Alona Beachの前は、プライベートビートゾーンとして、パラソルやチェアの貸出エリアがありますが、その他のエリアは、シートやバスタオルを敷いてのんびり過ごしています。

(欧米人はセルフでシートを敷いて過ごしている人が多かったですね。)

 

観光客が来るビーチなので、ショップもたくさんあります。

飲料水も買えるし、ビーチに必要なものも簡単なものなら買うことが出来ますよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

アロナビーチでビックリしたこと

 

飲食店のお値段もセブよりお安いし、日本人だからってお釣りを返してもらえない、ぼったくられることもなかったです(笑)

 

それから、も、これはホントにびっくりしたんですが・・・

ビーチのエリアは普通に歩けました。

 

セブでは、夜、ホテルから出てぶらぶら歩くなんて・・・

あまりできず。

(ホテル前のレストランなら行けるけれど。。。その時も、かなり警戒が必要)

 

セブとは、全然、安全さというか・・・

自分の中で、警戒レベルが違ったんですよ。

 

セブに暮らしてから、こんなに開放的な気分で夜に出歩いたのは初めてでした。

 

そんなに違うの?って思われるかもしれませんが・・・

セブとは全然違ったんです!

ホント、衝撃でした。

 

たった、3泊4日しかアロナビーチでステイしていませんが、すっかりボホール島、アロナビーチのファンになったのは言うまでもありません。

 

 

なぜ?セブと違うの?

 

これは、勝手にいろんな話を聞いて、私が思っていることです。

 

一番に、都会過ぎないってコトだと思います。

マニラやセブのように、お金が必要なところが少ない。

 

デパートメントや高級ブランドとか・・・そういうものがないのが理由なんだと思います。

欲を刺激されないというか。

 

もちろん、人口もマニラやセブに比べたら全然少ない。

人口が多すぎないというのは、治安の意味で大事なんだと思います。

これは、プーケットに滞在したときにも思いました。

 

 

港やアロナビーチでもそうなんですが、観光客用のタクシーとかトライシクルがあって、ちゃんとはじめから一律で観光価格が決められていること。

(もちろん、交渉で安くすることもできますよ。)

 

この辺りが理由?って思っています。

 

 

セブで言うところの、(フィリピン人から見て)怖いと感じる欧米人がアジア人より多く旅行者として来るから?とも思ったけれど・・・

 

もともとの「お金に対する欲」が違うことの差が大きいのが一番の要因かな?と。

 

セブよりアロナビーチ(ボホール)の方が、観光で成り立ってるって意識が強いのかな?とも思ったり。

 

 

 

心配なこと

 

このボホール島滞在で、私も前を通って見てきたんですが・・・

日本のODAで、ボホールに国際空港が建設中でした。

 

もうできていてもおかしくないのだけれど・・・まだ、工事中?

だいぶ、遅れているようですね。

 

早くて、2019年オープン

 

予定より最速で、2年遅れ 

フィリピンでは、想定内ですねー。

 

 

国際空港ができるということは・・・いまよりも、観光客も増える可能性があり・・・

そうすると、ホテルがさらに建ち・・・働く人が増える?

 

島が今より、開発が進む??

 

ボホールで暮らすローカルの人もセブやマニラのように・・・なってしまう???

これは、そうなって欲しくないな・・・と。

 

素朴なままでいて欲しい(切実)

 

 

私の本音

 

2019年オープン予定なのなら・・・

それまでに、もう1度と思ってしまいます。

 

セブで仲良くしていたローカルの子たちと逢いたいけれど・・・

セブに行きたいという気持ちが起こらない。

 

行くならボホールがいいなって思ってしまうんですよね。

 

私は、セブ旅行のファンになる前に、療養の地に選び暮らしてしまったので「セブ=ツラい」になってしまっています。