絶景ポイントで「とぅるばやー」@南城市仲村渠(ナカンダカリ)

とぅるばやーって意味は、わかりますか?
島言葉で、ボーっとしている人のこと。

スポンサードリンク

 

お散歩に行って素敵な景色を見つけると、そこでしばらくボーっと過ごしてます。

まさに、とぅるばやーなんです。

 

 

沖縄に来て、次々にいろんな観光地を回るのもいいけど、行った先で素敵な場所を見つけたらボーっと過ごすのも贅沢だと思います。

 

 

 

今回は、南城市で見つけたお気に入りスポット。

 

50番百名線の終点でもある百名バスターミナルまで行き、少し歩いて百名バス停から39番のバスに乗り継ぎをしたかったんです。

でも、バスの乗り継ぎは40分以上。。。

 

 

次のバス停をめざして歩き、また次のバス停を目指しって感じで歩いた時に見つけました。

ちょうど、仲村渠(ナカンダカリ)バス停の辺りです。

 

 

 

百名から歩いてくると坂がキツくって、ワタシ的にはそろそろギブアップって感じのところ。

ふとね、海側をみると・・・もしかして・・・絶景ポイント???

公園ある???

 

そのまま公園に向かいましたよ。

その公園?からは、こんな景色が。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に見渡せますよ。

写真の下手が知念方面。上手が百名方面です。

 

 

 

 

空も、こーんなに広いし。

当たり前ですけどね。

 

 

ボーっとするには最高です。

 

 

 

 

こんな絶景が見える所で暮らせるなんていいなーとかね、思っていました。

 

 

ここは、どうぞゆっくりしてください!って感じで(笑)テーブルとイスもありましたし、バス停の辺りに自販機があって冷たい飲み物も買えて、イスもあって、最高の休憩が出来ました。

 

 

ちょうと、カフェ風樹への道案内も出ていたし、仲村渠バス停からすぐなのでわかりやすいところだと思います。

 

 

 

沖縄というと北部エリアの海を思い浮かべるかもしれませんが、南部の海も雰囲気が違っていいですよ。

是非、南部にもいらしてくださいね。

 

 

 

バスなら、39番百名線 新原ビーチ行きに乗って、仲村渠(ナカンダカリ)バス停下車です。

(親慶原行きだと仲村渠まで行かないので注意してくださいね。必ず、新原ビーチ行きに乗ってください。)