• 投稿
  • Blog
沖縄移住に失敗した私が、沖縄旅行をして思ったこと 移住失敗を振り返る

7月頭、台風7号・西日本豪雨の影響を受ける日程で、沖縄旅行4泊5日してきました。

 

 

 

私は、今年3月に沖縄移住を失敗して神戸に戻ってきました。

そんな私が、4ヶ月ぶりに沖縄に行き感じたこと・思ったこと。

 

 

今回は、宿泊を豊見城市豊崎に2泊那覇に2泊しました。

 

というのも、実は・・・豊崎って住むのにどうなんだろうと沖縄にいた頃思っていたんです。

神戸に戻るとき、ちょっとだけ検討していたエリア。

スポンサードリンク

 

あのときは、恩納村生活に疲れていた

 

ただ、治療に通っていたのが南風原(はえばる)にある治療院。

恩納村から片道2時間30分以上かけて月1で通ってたんです(笑)

 

豊崎に住んでも、バス生活の私にとっては豊崎→南風原って結局、那覇に出て乗り換えじゃんって思い最終的に候補に入らなかったんです。

 

あのころ、バス旅で恩納村で暮らすことに疲れてしまってたので、ちょっとでも不便だと思うところは考えられなかったんですよ。

 

 

 

体調と気候

 

話すとみんなに「えー!?」って言われるんですが・・・

体調的に神戸の気候が寒くって。

体調が良くない時期、フィリピンセブ島で暮らしていたのも影響ありですよね。

 

西日本豪雨の前まで、6月末までは暖房を入れて生活していたんですよ。

 

 

いま、酷暑と言われる暑さになっていますが・・・

神戸は、34〜36度位?

 

しんどいけれど、6月末まで感じていた寒さに比べたらマシなんですよね。

 

 

ここを踏まえて・・・

正直、9月はまだ大丈夫なんだろうけど・・・

 

10月以降の神戸の気候に不安が大きくなりました。

 

だって5月6月が、こんなにも寒いと思うなんて思っていなかったから。

 

そう思うとね、12月とかお正月3が日までは気候のいいイメージの沖縄にいるべきだったんだと・・・。

 

 

ちなみに、2018年、今年のお正月の沖縄がこんな感じ。

 

 

でも、気持ちが限界だった

 

でもね・・・沖縄から神戸に帰る前、ホントに気持ちが限界でした。

 

もう、ここにいるの無理って。

 

いつ県外・国外に出て息抜きするか・・・そんなことばかり考えていました。

というか、それしか楽しみがなかった。。。

 

 

 

移住失敗の原因を改めて考える

 

もうね、考えなくてもわかっているんですが(笑)

 

私は、あまりに沖縄で知り合いを作らな過ぎたんですよね。

 

 

体調的に通勤で働くこともできないし、知り合った方がいても体調でドタキャンしてしまったり。

 

そうなると、約束すらすることもなく、おひとりさま生活を極めていったわけで。

 

誰とも話さないで終わる1日が続くわけです。

 

 

これは、神戸にいてもそうなんですが・・・でも、神戸なら顔見知りのオーナーさんのお店があったり、ちょっと出かければ知り合いがいておしゃべりできる。

 

それから、今、私は昭和感漂う街に住んでいて、個人商店のお店で買い物をしたりします。

そうすると、道を歩いていても挨拶程度でも声をかけてもらえる。

 

人って、コミュニケーションが大事なんだと改めて思わされます。

 

 

 

便利なのがしんどいときも

 

私がお部屋を探すとき、今の最寄りの駅周辺は不便で避ける駅だと不動産屋さんが言ってたんですね。

 

それでも、セブ島や恩納村の田舎暮らしに慣れている私は、便利でしんどいって思うことも。

 

もちろん、便利なのはありがたいですよ。

ネット通販やスーパーの配達なんかも、体調が良くないときはフル稼働で利用しています。

 

 

でもね・・・。

このJRが普通しか停まらない、コンビニも駅前にない、ドラッグストアもないこの駅で便利すぎてって思ってしまう。

 

もうね、時間通りに電車が来るとかもしんどいと思ってしまうんですよ。

↑セブや沖縄に慣れ過ぎですね(笑)

 

スポンサードリンク

 

都会の生活には戻れない

 

これは、私の体調が一番影響していると思うんですが・・・。

都会の生活には戻れないなって。

 

特に、東京とか大阪とか。。。

人の住むところじゃないと思ってしまう。

 

実際、セブ島から東京に戻り、体調悪化を感じて「また、寝たきりになってしまう」って思い沖縄に逃げたんですよね。

 

そう思うと・・・ちょうどいい街ってドコなのだろうと。

 

 

 

気候なら沖縄なのかも

 

もちろん、日本ではって話ですが・・・。

私の今の体調で気候なら、沖縄なのかもと。

 

12月はタイ・プーケットに逃げるチケットを購入済でして。

 

でも、年明けどうしようと。

2月〜3月・4月は沖縄に逃げるかも。

 

そんなことを今、考えています。

 

 

豊見城市を検討すればよかった

 

今回の旅行で思ったのが・・・

豊見城市、とくに豊崎エリアをちゃんと検討すればよかったってこと。

 

 

思っていた以上に、那覇空港に近くて。

県外・国外に行きたいときにも便利だったんだなって。

 

それから、アウトレットモールもあり、那覇で買い物するよりお店が揃っているし、それに伴い周りの商業施設も揃っています。

 

スーパー・ダイソーの入っているモールもあるし、家電量販店・ニトリなんかもある。

 

それだけじゃなくて、道の駅豊崎は農産物ももちろん売っていて、かなりお安くお野菜も買える。

 

ビーチに行きたければ、ちゅらSUNビーチも近いしね。

 

与那原もそうだけれど、豊崎も移住者向きのエリアなんだと改めて思いました。

 

 

 

ただ、豊崎は「海の見える部屋」にこだわると分譲賃貸がほとんど。

家賃12万〜かな??

サンセットを自宅から楽しめるエリアだし、そのお値段も納得なのかな?でも、北谷よりはお安いんですよね。

 

 

私は、豊崎ど真ん中に住んだら、便利すぎてしんどいかもですが。。。

 

ちょっと、沖縄から神戸に戻るの早まったかな?と後悔というか思いました。

 

 

 

やっぱり好きだと感じた南城市

 

それと、もう1つ後悔を感じたのが南城市。

 

3ヶ月だけ南城市にマンスリーで滞在したことがあって以来、南城市LOVEなんです。

 

でも、神戸に戻るとき「恩納村から南城市に引っ越ししても、結局、田舎でイヤになるかも」って思い、候補から外れていったんですよね。

 

特に空港まで1時間かかるっていうのが、当時の私にとっては一番のNGな点でした。

そのくらい県外・国外に行きたかったんです。

 

 

バス旅で生活している私には、南城市も確かに不便でした。

 

でも、南城市にはおでかけなんじぃっていう市が運営する乗り合いタクシーもあってバス路線に関係なく移動できるんですよね。

 

 

今回の旅行では南城市が懐かしいのもあり、4泊5日のうち2日も南城市に出かけたんですよ。

 

で、思いました。

 

 

やっぱり、南城市が好きって。

 

ここに住めばよかったって。

 

関連記事

 

引っ越しと言っても

 

沖縄→神戸の引っ越しも、海外への引っ越しを経験している私からすれば、どうってことないことでして。

 

もう、どうしても気候的に神戸で暮らして行くことが難しいのなら、再び沖縄も考えなければいけないのかとも。

 

海外に引っ越しするのもアリだと思うんですけどね。

 

 

 

ま、再び沖縄の考えれるほど、沖縄は旅行ではとてもいいところだったと言うわけです。

 

雨で、景色は楽しめなかったんですけどね。

 

また、行きたいところもたくさんあり、治療を受けながら、また9月に沖縄に向かいますよ。

 

沖縄が好きなまま神戸に戻れたので、よしとしようと思いますよ(笑)