初めてのワードプレス WPで記事を書いていこう③ プラグイン「Table of Contents Plus」を使って見出しを作ろう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly

前回は、Blog記事内にへの写真の挿入・アイキャッチ画像の設定をしました。

 

 

 

記事の文章が長くなると
段落ごとに見出しがある方が
どこにどんな内容が書かれているかわかりやすいですよね?

 

読者さんにも親切です。

 

 

今回は、記事内に見出し(目次)を設定していきますよ。

スポンサードリンク

 

見出しって?

 

コンテンツってなっていて枠で囲まれているのが、私のBlog内の見出し(目次)です。

これの設定の仕方ですよ。

 

 

 

 

 

 

プラグイン「Table of Contents Plus」

 

私は、Table of Contents Plusというプラグインを使っています。

 

 

 

 

プラグインの新規追加

 

ダッシュボードの下の方。

 

プラグイン

→新規追加

 

 

 

 

 

 

右上の検索画面に「Table of Contents Plus」と入力して検索すると

インストール可能なプラグインが出てきます。

 

 

青い 有効化のボタンをクリックしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

Table of Contents Plus 詳細設定

 

プラグインの有効化をすると

インストール済みプラグインのところに一覧で表示されます。

 

Table of Contents Plusを見つけて

すぐ下にある 設定 をクリックです。

 

 

 

 

 

 

ここで、見出しの設定をしていきますよ。

 

私の設定はこんな感じです。

 

 

 

私は、表示条件を 2つ以上の見出しがあるときにしています。

 

それから、以下のコンテンツタイプを自動挿入は post にチェックを。

 

見出しテキストは、お好みで。

私は、コンテンツとしていますが、見出しでも目次でもOKです。

 

 

 

 

 

プレゼンテーションのところで、表示のデザインを選んでくださいね。

 

 

最後に、青い「設定を更新」というボタンをクリックして

一旦保存します。

 

 

 

 

 

続いて、上級者向けってなってるところの設定です。

 

 

見出しレベルっていうところにチェックを入れていますよ。

見出しの小見出し さらにその小見出しの設定をしています。

 

 

 

チェックを入れたら、

左下の青い「設定を更新」ボタンをクリックしてくださいね。

 

 

 

 

こんな見出しの中の小見出しを設定することができましたよ。

 

 

 

 

 

 

見出しを付けながら記事を書いていこう

 

これで、プラグインの設定はできました。

 

次は、実際の記事を書いていくときの手順です。

 

 

 

段落というところをプルダウンすると

こんな風になっています。

 

 

 

 

例えば

 

「見出しを付ける」という見出しにしたい時

 

 

こんな風に、見出しにしたい部分を選択します。

 

 

 

 

この選択した状態で、

段落→ 見出し2 をクリック

 

 

 

これで、見出しをつくることができます。

 

小見出しにしたいときは、見出し3を。

小見出しの更に小見出しにしたいときは、見出し4を選びますよ。

 

 

 

ちなみに、見出ししたい部分を間違えてしまったとき

 

段落

→ 段落 と選択し直せば、もとに戻りますよ。